おれだけWindows

おれ以外全員Macなんだよ

Lumia 950はこんなデバイス

今さらLumia 950を手に入れたのである。

www.microsoft.com

マイクロソフトによるWindows phoneのフラッグシップ機だ。 これまでLumia 640を使っていて何の不満もなかったんだけれど、OSのアップデートを重ねるにつれて、 徐々に動きが遅くなり、メモリ不足でアプリも落ちるようになったところでebayでこの機種が3万円を切っているのを発見。

Windows phoneはもうおしまいかも知れないが、他のOSに移る気も起きなかったので買い換えることにした。 この機種は入手も困難になりつつあり、今後新たに買う人もそう多くはないだろう。 従ってこの記事も全く人の役には立たないが、個人的メモとして残しておくことにする。

第一印象

2年前、自分にとって初めてのWindows PhoneであるLumia 640を開封したとき、 国産の携帯やスマートフォンでは体験したことのないチープな質感にため息が出た。

そうは言ってもLumia 640の青いバックカバーは安っぽいなりに美しくもあり、またプラスチックのため柔軟性に富み、 思いのほか衝撃に強かったので、まもなく納得した。自転車で走行中にズボンのポケットから落としたことが何度かあったが、 それでも液晶は無傷だった。

さて、各所で言及されていることだが、Lumia950も多聞に漏れず外装は安っぽい。 例えるなら、アマゾンや楽天で聞いたことのないメーカーの妙に安い商品(スマホとは限らない)を買ったときに届くやつみたいな、あんな感じである。

ほぼ全てのレビューサイトにおいて、フラッグシップであるのにこの質感はいかがなものかということで評価が一致しているが、私もこれには賛成である。この質感なのに、当初は7~8万円程度で売っていたなんて・・・

カバーの安普請は筋金入りで、代物デルを買ったのだが、鍵と一緒にポケットに放り込めば黒ずむし、 ブルージーンズのポケットに入れて持ち運ぶと色移りする。 後者はこすっても取れず往生したが、キャンバス地の鞄にしばらく入れていたら不思議ときれいになっていた。

ただ、デザイン自体はスッキリとした薄型で、質感がチープであっても格好悪いわけではないというのは救いであろう。 今回は日本円で27000円程度で購入したので、こんな質感であっても割高感はない。

それにこのようにチープなのはあくまでバックカバーだけの話で、液晶は高精細で品質は高い。 バックカバーの質に耐えられない場合、mozoというフィンランドのメーカーが高級感のある代替品を5千円前後で出している。

新機能について

どんな事情があってか搭載することになった虹彩認証Windows Halloはコツさえつかめば認証は早いが、カメラの前に顔を持ってくる間にPIN CODEが打ててしまうので出番はない。持っただけで認証できる指紋が生体認証としては一番スマホに向いているのかも知れない。 ContinuumもSurfaceを持ち歩いているため出番はない。

Lumia 640との比較

さて、Lumia640との違いはどうだろうか?結果としては、以下に挙げるとおりである。

当然ながらスペックはまるで違う。

最近640で顕著だったメモリ不足の悩みは完全に解消。

多くの人にとっては当たり前のことかも知れないが、当たり前のことが当たり前にできるようになった。 OSの動きも機敏でアプリの起動がとても早い。

ただし口コミ通り、edgeでブラウジングするだけでかなり熱くなる。 そしてfacebook messengerだけは起動が相変わらず遅い。

電池容量そのままでCPUも画面の精細度もグレードアップ。

当然ながら、その分稼働時間は犠牲に。

640では寝る前に充電を忘れてももう一日ぐらい平気でバッテリーが持ったが、950は割と頻繁に使用した場合で1日弱。 ただし、待ち受け中は電池があまり減らないので、飽きてきたらもう少し持つのではないかと期待している。

テザリング中のバッテリーの減りも640より早い事に気がついた。 2年間続いたモバイルバッテリーいらずの生活ももう終わりかも知れない。

wifiが早くなった。

5GHzにも対応。テザリングの速度も速くなったんじゃないか? それにしても、Windows 10のPCとbluetoothでペアリングすれば、PC側からテザリングをONにできるのは便利だ。 えっMacユーザーならiPhoneでもできるって?じゃその機能をwindowsにも対応してくれたら次回はiPhoneにするかもね!

箱から出してすぐに使える状態ではない

これは、セットアップ時に以前のLumiaからのデータ引き継ぎを選択したからだろうか?

バックアップからのデータの復元とアプリの再インストールが始まるのだが、Windows 10 mobileはこの作業をCPUをフルスロットルでぶん回しながら行うので、いわゆる発熱問題が再現する。だが、熱くなるだけならまだ良いのである。

充電が追いつかない。自分の場合は箱から出したときはバッテリーが40%で、そこからみるみる減っていった。そして、ACアダプタをつないでも全く残量が増えない。むしろ緩やかに減り続け、アプリの復元が終わるまでにはバッテリーが尽きることが目に見えている。

はじめはACアダプタかケーブル、あるいはバッテリーや本体が不良品なのではないかと疑った。そりゃあみんな返品するわ、というレベルである。しかし、時間が経てば解消するという口コミも確かにあったため、これを信用することにする。

とにかくアプリのダウンロードを停止し、機内モードに設定し、GPSなど余計なサービスもオフにし、ディスプレイの輝度も最小にした上で、発熱を続ける電話を電源につないで充電状況を見守る。それはさながら高熱を出した子供を看病するがごとし。そう、ここで我々の愛が試されるのである。

この状態でようやく充電状況はプラスに転じるので、あとはこの端末を信じて一晩置いておく。 信じてというのは口で言うのは簡単だが、実際はそうでもない。

高熱を出し続ける端末を枕元に置いたまま寝ようとすると、寝てる間に爆発して、そのまま火事になって死んだらどうしようなどといった不安に苛まれるのである。理想としては、職場で仕事中などに自分の机で充電するのが安心だろう。

充電が50%程度になったのを見計らってWindows updateをかけ、OSを最新版にすれば、電池消費も幾分かましになり、 機内モードにしなくても充電はされるようになる。

OSが最新版になり、全てのアプリの復元が完了し、あとは念のため一晩も寝かせておけば、スマホとして普通に使用できる状態になる。 ひとたびこの状態まで持っていくことができれば、なんだかんだ言ってフラッグシップであり、優秀なカメラとWindows Phone端末としては突出した処理能力を持っている。 Windows phoneがどんなものか分かっている人であれば快適に使用でき、windows phoneライフを幾分か延命できるだろう。

α7sとLoxia 50mm f2、その他買ったもの

α7sと一緒に、Loxia 50mm f2を買った。 憧れのツァイスレンズ! カメラ屋さんで実際にα7IIに装着して覗いて見た途端、あまりにファインダーの像が綺麗ですっかり虜になってしまった。 MF専用ということで、最初は本当にちゃんとピントを合わせられるのか不安だったけれど、実際に試してみると全く問題なかった。 FM2を使っていた頃は、ピントが合った時だけ像が合致するという仕組みが焦板に載っていて、そのお陰で、目視でピントの山がわからなくてもピントを合わせることができた。 最近のカメラにはそういう機構はないけど、EVFが拡大できるのでむしろ正確にピント合わせができる。便利な世の中になったものだなと思う。

背景にすっと溶けていくようなボケは、少なくともデジタルになってからは経験したことがないし、ピントが合った部分の独特な立体感のある描写もいい。 作例はこんな感じ。

DSC00092

続きを読む

α7IIと悩みつつ、α7sを買うまで

f:id:korora:20160526005436j:plain

おやおや、ウインドウズの話題はどうしたんだい?

そう思った方は安心してほしい。仕事は極めて順調で特に何の問題もなくWindowsマシンで仕事ができているので、ブログに書くようなことは何も起きていない。 私は幸せ者です。

というわけで、最近買ったカメラのことでも書こうと思います。

迷っている君へ

もし君が検索サイトから飛んできているとしたら、おそらく君は迷っているんじゃないだろうか。 α7sとα7II、どちらを買えば良いのかと。

結論から言うと、α7sを選択肢に入れてしまった以上、α7sを買っておしまいなさい。 君がα7sしか選べない思考になるのは時間の問題だ。これから私が書くことなんか読まなくったって、いろんな場所でレビューや作例を見ているうちに迷いなんて消えていくさ!

じゃあこの記事もう終わりでいいんじゃないの?という気もするが、一応続きを書いていこうと思う。α7sとα7IIをニュートラルな視点で比較する体で熱烈にα7sを推していきたいと思う。

続きを読む

Vagrant + 作業フォルダの共有で発生するトラブルについて

Vagrantに限らず、仮想マシンを使ったあらゆる環境で起こりうる話です。 まず私の環境ですが、こんな感じです。

f:id:korora:20160425011627p:plain

続きを読む

Visual Studio Codeのフォント設定について

Windowsの人の中には、vscodeで日本語を含んだファイルを開いた直後に「vscode 中華フォント 修正」でぐぐったり、 「コルタナさん!コード!中華!!」と叫んだりした人が少なからずいるのではないかと思うんですよ。

この問題の解決法については既に分かりやすくまとめられている方がいます。 http://qiita.com/rinne_grid/items/fd9161a9bb9cb22c2328

他にもいろいろありますが、とりあえず上記が鉄板でしょう。大変丁寧な内容で頭が下がります。

ちなみにこれをやる場合、vscodeを管理者権限で起動するのを忘れずに! f:id:korora:20160407234730p:plain

続きを読む

Macの集団に紛れ込むための開発環境づくり

はじめに

私の職場では皆Macで開発を行っていて、サーバー以外は全てMacで実行するのを前提に作ってあるんですが、 そこにある日私がSurfaceを片手に颯爽と登場したわけですよ。

で、まずは手始めにgitでプロジェクトをクローンした途端、 パスが長すぎてチェックアウトできないとか、シンボリックリンクがフォルダに変わっちゃったりとか、 変えた覚えのないファイルが大量に変更扱いになっているといった壁にぶち当たります。

しかし、上手くいかないからといって諦めるわけにはいかない。 Surfaceを仕事で使おうとしている人間としては、何としてでもWindowsでも作業できる環境を整えて、 これさえあれば何もいらない状態まで持って行かないと気が済まないわけです。

そんなこんなで、こうした理不尽な(?)トラブルにコツコツと対応しつつ、Mac集団の中にいてもちゃんと仕事ができるよう少しずつ開発環境を整えていくことになったのでした。

続きを読む